枕の臭い対策

スポンサーリンク
枕
スポンサーリンク

枕の臭いは、寝ている間に出る頭や首周辺からの汗や、汗と一緒に分泌される皮脂に含まれる物質が主な原因です。

さらに頭部は加齢臭が多く出るところでもあるので、これらのニオイが枕に移ってしまい「枕が臭い」となるわけです。

 

まずは洗濯

枕カバーの洗濯

ニオイのケアはまずは洗濯!です。

枕の臭い対策には、枕カバーを二重にしたり、タオルを巻いたり、と工夫をしていることと思います。

ニオイを取るには、枕カバーや枕に巻いたタオルなどをこまめに洗うことです。

ですが、加齢臭に含まれる“ノネナール” という物質は通常の洗濯ではきれいには取れないそうです。

今回は対策の一つとして、重曹を使う方法をご紹介します。

 

重曹を使って洗う

重曹で枕カバーを洗う

ニオイが染みた枕カバーや枕に巻いたタオルを重曹水(30~40℃のお湯1リットルに重曹大さじ1杯程)に30分以上浸けてからいつも通りの洗濯をします。

重曹水の量は洗濯物の量で増減してください。

 

枕カバーやタオルの他にシーツなどもこれでスッキリするはずです。

 

枕本体にもニオイは枕カバーを通り越して移っています。

洗える枕でしたら、洗って陽によく当てて乾かします。

洗えないものは、陽に当てて殺菌消毒をします。

 

枕カバーの洗濯も、枕本体のお手入れもこまめにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

口臭

口臭対策はにがりで!

口臭対策をにがりでしてみませんか? 一時話題になったにがり。 にがりは、海水を濃縮させた液体から塩(塩化ナトリウム)を抽出した後に残る液…

記事と画像について

掲載されている記事・画像などの無断コピー・無断転載を固く禁止します。

まとめサイトや知恵袋等でご紹介くださる場合は、必ず参照元である当サイト名を明記してリンクをして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。
ご協力いただけると嬉しいです。


においケアランキング

ページ上部へ戻る